読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Develop with pleasure!

福岡でCloudとかBlockchainとか。

SQLServer2005 Express Edition環境構築

メモ

仕事で以前使用していたSQLServerを久々に稼動させようとするも、諸事情により無償で利用可能なSQLServer2005 Express Editionを入れることに…。

SQL Server2005 Express Edition自体はこちらから入手可能。
Download: Microsoft SQL Server 2005 Express Edition SP1 - Microsoft Download Center - Download Details

インストールが完了すると続いて、データのエクスポート/インポートが必要になる。SQLServer2005では、DTSWizard.exeというツールで行うのが簡単らしいけど、こちらはデフォルトで
C:\Program Files\Microsoft SQL Server\90\DTS\Binn
にインストールされておらず、別途ここから「Microsoft SQL Server 2005 Express Edition Toolkit Service Pack 2」をインストールする必要がある。ちなみに、これをインストールするとデフォルトでは付いていなかった管理ツールもインストールされるのでお勧め。
Download: SQL Server 2005 Express Edition Toolkit SP2 - Microsoft Download Center - Confirmation

これで、DTSWizard.exeがインストールされる。DTSWizard.exeを使用すると別マシンのSQLServerから他のマシンへ簡単にデータの移行が可能。

ちなみに、SQLServer2005には認証の仕組みがWindows認証モードとSQLServer認証モードの2つがある。ただ、JDBCドライバを利用して接続する場合はSQLServer認証モードで動作させないと接続できない。この認証モードを変更する場合は、SQL Server Management Studio Expressを利用して変更する必要がある。このツールでサーバのプロパティを開きセキュリティの設定で「SQLServer認証モードとWindows認証モード」を選択する必要がある。