Develop with pleasure!

福岡でCloudとかBlockchainとか。

BIP

Output Script Descriptorの基本仕様を定義したBIP-380

Output Script Descriptorは、Bitcoin Core v0.17からサポートされ始めた言語で、ウォレットやその他のプログラムが、自身が所有(関連)するUTXOを追跡するのに必要な情報を含むデータを定義する。 Bitcoinのウォレットの多くはHDウォレットをサポートして…

P2TRの鍵導出仕様を定義したBIP-86

Taprootのアクティベートに向けて、単一の鍵でPay to Taproot(P2TR)にコインをロックする際の、鍵の導出仕様がBIP-86として定義された↓ https://github.com/bitcoin/bips/blob/master/bip-0086.mediawiki 単一の鍵なので、対象はTaprootのKey-Path使うケー…

BIP32鍵導出パスのパステンプレートを定義したBIP-88

Bitcoinの秘密鍵やアドレスは決定性ウォレットによって導出されるのが主流だが、シードからどんなアドレスを導出するか(どんなBIP32導出パスを使うか)は、スクリプトタイプによっていくつかのBIPが定義されており、そのどれが使われているか、もしくは独自…

マルチシグウォレット用の新しいBIP-32階層仕様を提案するBIP-87

Bitcoinのウォレットの多くは、1つのマスターシードから各秘密鍵やアドレスの導出を行う階層的決定性ウォレットをサポートしている。この仕組みを使うことで、シードさえ覚えていれば、ウォレットを復元することができる。さらに、ウォレットが複数のアカウ…

Bitcoin Secure Multisig Setup (BSMS)

先日、マルチシグを安全にセットアップするための提案Bitcoin Secure Multisig Setup (BSMS)が、新しくBIP-129として定義された、↓ https://github.com/bitcoin/bips/blob/master/bip-0129.mediawiki PSBTなどで、ウォレット間で協力してトランザクションを…

PSBT Version 2を定義したBIP-370

PSBTは、マルチパーティでBitcoinのトランザクションを構築したり、トランザクションの署名にハードウェアウォレットと連携したりする際に、共通のデータフォーマットを定義した仕様で、2017年に定義され、これまでいくつか修正が加えられてきた↓ techmedia-…

ピアにトランザクションをリレーしないことを通知するdisabletxメッセージを定義したBIP-338

Bitcoin Coreはネットワークに接続すると8つアウトバウンドピアを選択するが、エクリプス攻撃などに対する堅牢性を高めるため、Bitcoin Core 0.19.0.1以降これにブロックリレーのみを行う2つのアウトバウンド接続(ブロックオンリーリレー)が追加されている…

Bech32の問題を修正した改良版Bech32m(BIP-350)

Segwit導入にあたって新しいアドレス(bc1から始まるアドレス)のエンコーディング方式として導入されたのがBIP-173として定義されたBech32 techmedia-think.hatenablog.com Bech32にはタイプミスなどのアドレスの間違いが検出できるチェックサムが含まれて…

Bitcoinの次のソフトフォークのデプロイ方法は?

Bitcoinへのソフトフォークは紆余曲折あった2017年8月のSegwitの導入以降、3年経とうとしているが新たに行われていない。次のソフトフォーク候補として有力なのがSchnorr署名およびTaprootの導入だが、BIP化はされたもののまだBitcoin Coreに実装はマージさ…

WTXIDを使ったP2Pリレーの仕様を定義したBIP-339

Bitcoinでトランザクションをリレーする際は、接続中のピアに対してinvメッセージでトランザクションを通知し、相手のピアがそのトランザクションを持っていない場合、getdataメッセージでそのトランザクションデータを要求する。この際のトランザクションの…

BIP-32のキーチェーンから決定論的にエントロピーを導出する仕様BIP-85

Bitcoinの鍵を管理するウォレットでは、BIP-32のHDウォレットの仕様↓をサポートし、マスターシードから取引に使用する個別の鍵を導出するようになっているのがほとんど。 techmedia-think.hatenablog.com さらにBIP-39の仕様を利用してマスターシードを12個…

Bitcoinの新しいテストネットワーク「Signet」の仕様を定義したBIP-325

Bitcoin関連のテストを行うのに便利なtestnetだが、ブロックの生成間隔がまばら(30分くらい生成されなかったり、数秒で連続してブロックが生成されたり)だったり、巨大な再編成が起こったりとあまり安定していない。そのためテストになかなか使いづらくな…

ブラインドマージマーニング(BMM)の仕様を定義したBIP-301

ブラインドマージマーニング(BMM)の仕様がBIP-301として定義された↓ https://github.com/bitcoin/bips/blob/master/bip-0301.mediawiki マージマイニングの仕組みについては、以下の記事が分かりやすい。 btcnews.jp このBIPでは、サイドチェーンのマイナ…

Tor v3 hidden service等128bitより大きなアドレスをサポートするための新しいaddrv2メッセージを定義したBIP-155

Bitcoinのノードは、接続しているリモートピアにgetaddrメッセージを送信すると、リモートピアが知っているノード情報をaddrメッセージで返してくれ、addrメッセージによって、ネットワーク上の分散ピアが発見できる。 このaddrメッセージでは、各ノードのネ…

チェーン上のトランザクションの新たな参照方法の標準TxRefを定義したBIP-136

提案は結構前からあったみたいだけど先月マージされたBIP-136↓ https://github.com/bitcoin/bips/blob/master/bip-0136.mediawiki Bitcoinでトランザクションを識別する際は、基本的にトランザクションのハッシュのエンディアンを逆にしたTXIDを使用する。フ…

BitcoinへCovenantsの導入を提案するbip-coshv

Bitcoinは通常ロックスクリプトにロックされたコインをアンロックできるアンロックスクリプトを提供できれば、そのコインはどこにでも送金できる。これに対し、あるコインをアンロックした場合、そのコインの送付先を限定する仕組みがCovenantsだ。つまりあ…

Tapscript上で限定的に署名済みトランザクションのインプットの参照先をリバインド可能にする提案 bip-anyprevout

bip-taprootやbip-tapscriptが定義されたが、これに関連してLightning Networkのeltooを実現するための提案も出てきてるので見てみる↓ https://github.com/ajtowns/bips/blob/bip-anyprevout/bip-anyprevout.mediawiki eltooは、LNにおいて旧状態がブロード…

TaprootのアウトプットのスクリプトTapscriptに適用される新しいスクリプトルールを定義したBIP-342

TaprootのBIPドラフトについて書いた↓ techmedia-think.hatenablog.com ので、続いてそのTaprootのアウトプットで使用されるスクリプト = Tapscriptに適用されるスクリプトの新しいルールの提案BIP-342↓について見てみる。 https://github.com/bitcoin/bips/…

BitcoinにTaprootを導入するBIPドラフトbip-taproot(BIP-341)

先日、Bitcoinの開発者MLでPieter WuilleがTaproot、Schnorr署名およびマークルブランチをベースとしたコインの使用ルールである新しいSegwitバージョン1のアウトプットタイプを提案した↓ https://github.com/sipa/bips/blob/bip-schnorr/bip-taproot.mediaw…

担保付き債務を表現するHashed Time-Locked Collateral Contract(HTLCC)を定義したBIP-197

トラストレスかつ仲介機能(中抜き)を排除した方法で超過担保付き商品を作成するためにAtomic Swapを利用したAtomic Loansを提案するペーパー↓ https://arxiv.org/pdf/1901.05117.pdf ブローカー抜きに借り手と貸し手の間でローン契約を結ぶ際に、担保を設…

コインの所有を証明するProof of Reserveの標準化(BIP-127)

少し前に、取引所に自分が預けているコインが本当に存在するか一斉に引出して確認してみようとするProof of Keysというイベントがあって、どこぞの取引所が事前に引き出し制限始めたというニュースもあったけど、ユーザーにとっては預けている資産がちゃんと…

Compact Block Filter(BIP-158)をRubyで実装してみた

Bitcoinの軽量クライアント向けに自身に関連するトランザクションを判別する仕組みとしては、Bloom Filterを利用するBIP-37がベースだが、軽量ノード側のプライバシーの改善とフルノードの負荷を軽減するためCompact Block Filterという新しい仕組みが提案さ…

送信者−受信者間で簡単なコインジョインを行うBustapayプロトコルを定義したBIP-79

Bitcoinのトランザクションはインプットに送信者のUTXOが、アウトプットに受信者のアドレスと送信者のお釣りがセットされる構成が一般的。ブロックチェーンの分析をする企業でよく採られるアプローチでは、こういうトランザクションの場合、インプットのUTXO…

Stratum protocol extensionsについて定義したBIP-310

Stratumはプールマイニングをサポートするマイニングプロトコルだが、その拡張の利用については長らく正式な規格を記述するBIPが無かったが、それをBIPとして定義したのがBIP-310↓ github.com 基本的には、Stratumサーバーとマイニングソフトウェアが接続さ…

ブロックヘッダのバージョンについてソフトフォークのデプロイ以外の汎用利用を提案するBIP-320

Bitcoinのブロックヘッダにはバージョンを表すnVersionフィールドが存在する。現在このnVersionフィールドは、コンセンサスに影響するような新しい機能をソフトフォークで導入する際に、ソフトフォークの準備ができたことを各マイナーがシグナリングするのに…

Bitcoinのトランザクション伝播時の匿名性を強化するDandelionについて定義したBIP-156

Bitcoin Coreなどのノードがトランザクションをリレーする際、ノードは接続中のピアに対して一斉にトランザクションを送信する訳ではなく、接続中の各ピア毎に指数関数的な遅延時間をもって各ピアにトランザクションを送信するようになっている。これにより…

再利用可能なペイメントコードを使った二者間の決済アドレスの導出方法を定義したBIP-47

BIP-47の記事無いですよね?と突っ込まれたので書いてみた。 (結構前に書かれたBIPでメジャーでないものとか導入されなかったコンセンサスのBIPについては書けてない。今BIPとして登録されてるのが115個くらいで、ブログに投稿したのは、そのうち50個くらい…

秘密鍵が対応するBitcoinアドレスの種類を指定する拡張WIFフォーマットを定義したBIP-178

Bitcoinアドレスは秘密鍵から計算した公開鍵を使って生成されるが、そのアドレスの種類は複数(P2PKH、P2WPKH、P2SHでネストしたP2WPKH)ある。いずれも同じ秘密鍵から生成可能なアドレスだが、実際にウォレットで使ってるアドレスはそのうちのどれか1つ。た…

新しいSIGHASHフラグ「SIGHASH_NOINPUT」を定義したBIP-118

現在BitcoinにはSIGHASH_ALL、SIGHASH_SINGLE、SIGHASH_NONEの3つにSIGHASH_ANYONECANPAYを組み合わせた系6バターンのSIGHASHの組み合わせがあるが↓ techmedia-think.hatenablog.com これにSIGHASH_NOINPUTという新しいSIGHASHフラグを追加しようというBIP-…

BIP-70のPayment Protocolの検証環境を作ってみた

Bitcoinを決済に利用する際に、決済先との間の中間者攻撃やマルウェアなどに感染した環境で、本当の支払先でないアドレスに送金するといったことが起きないよう、送金先をPKIを使って検証する仕組みがBIP-70で定義されているPayment Protocol↓ techmedia-thi…