読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Develop with pleasure!

福岡でCloudとかBlockchainとか。

flex-mojosでAIRアプリケーションをビルド。

flex-mojosを使用してAIRアプリケーションをビルドするためpom.xmlを定義。

Building an AIR Application - FlexMojos - Confluence
を参考にpom.xmlを定義すると良い↓。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project>
    <modelVersion>4.0.0</modelVersion>

    <parent>
        <groupId>org.sonatype.flexmojos</groupId>
        <artifactId>flexmojos-air-super-pom</artifactId>
        <version>%{flexmojos.version}</version>
    </parent>

    <groupId>com.domain.sample</groupId>
    <artifactId>Air</artifactId>
    <version>1.0-SNAPSHOT</version>
    <packaging>swf</packaging>

    <properties>
        <flex.sdk.version>3.3.0.4852</flex.sdk.version>
    </properties>

    <build>
        <sourceDirectory>src/main/flex</sourceDirectory>
        <plugins>
            <plugin>
                <groupId>org.sonatype.flexmojos</groupId>
                <artifactId>flexmojos-maven-plugin</artifactId>
                <configuration>
                    <sourceFile>Air.mxml</sourceFile>
                </configuration>
            </plugin>
        </plugins>
    </build>

    <!-- AIR Framework -->
    <dependencies>
        <dependency>
            <groupId>com.adobe.flex.framework</groupId>
            <artifactId>air-framework</artifactId>
            <version>${flex.sdk.version}</version>
            <type>pom</type>
        </dependency>
    </dependencies>

</project>

AIRアプリケーションをビルドする場合もの定義はswfなのね。
で定義するのが、flex-frameworkではなくair-frameworkを定義する必要がある。flex-frameworkのままだと、mxmlcでコンパイルしようとして

[ERROR] C:\sample\src\main\flex\main.mxml:[-1,-1] Unable to locate specified base class 'mx.core.WindowedApplication' for component class 'main'.

といった感じでWindowedApplicationなんて知らないよって怒られる。air-frameworkにすることでamxmlcでコンパイルされるようになる。

mvn install

するとtargetフォルダ直下にswfファイルが生成されている。このswfファイルをFlashPlayerでそのまま開いても

VerifyError: Error #1014: クラス flash.events::NativeWindowBoundsEvent が見つかりません。

と怒られる。とりあえず確認するレベルなら

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<application xmlns="http://ns.adobe.com/air/application/1.0">
    <id>AirTest1</id>
    <version>0.1</version>
    <filename>main</filename>
    <initialWindow>
        <content>./target/Air-1.0-SNAPSHOT.swf</content>
        <visible>true</visible>
        <systemChrome>standard</systemChrome>
        <transparent>false</transparent>
    </initialWindow>
</application>

といったXMLファイルを用意(main.xmlとする)して、

adl main.xml

を実行するとAIRアプリケーションとして起動する。正式なAIRアプリケーションとしてパッケージングするには、先程の

Building an AIR Application - FlexMojos - Confluence

の下部のpom.xmlのようにAIRアプリをパッケージングするために必要な設定及びライブラリを定義したpom.xmlを用意してビルドする必要がある。